ビタミン不足を補い貧血を防ぐ

貧血について詳しく知らない人もいますので、説明しますね。

まず、2つの貧血を説明すると、1つは悪性貧血、2つ目がビタミンB12の欠乏による貧血です。

例えば、何かしらの病気により、胃を切除してしまった人などは、ビタミンB12の吸収の手助けをする内因子という栄養が欠乏して、結果的にビタミンB12不足に陥り、貧血の症状がア現れます。

先ほど登場した悪性貧血の症状も、内因子の不足によるビタミンB12不足でありますが、症状が出る理由に関していえば確かに同じです。

ただ、症状の理由のまたさらに起きる理由が違う事で区別されていますよ。

ビタミンB12というのは、肝臓に蓄えられており、私達の健康の安定を図ってくれています。

貧血の症状が通常出ないのは、ビタミンB12が体の中に貯蔵されており、安定を図っているからなんですね。

しかし、先ほどの例のように、胃を切除する手術をした際には、蓄えが十分でなくなるために、13年も持つといわれているビタミンB12が、5年も持たない事もあるのだそうです。

貧血の症状が出てないのだとしても、胃の切除手術の経験がある人は、定期的に医師による検査を施す必要がありますね。

また、ビタミンB12意外でも血液に関係した大切な栄養素に葉酸があります。

葉酸もビタミンB12と同様に外部から食材による摂取が必要になりますが、ビタミンB12と異なるのは貯蔵される量が違う事でしょう。

ビタミンB12では13年ほども持つ貯蔵が葉酸では4ヶ月ほどで不足してしまいjます。

普段、葉酸を意識した食事をしないのは、多くの野菜に含まれているからなのですが、ダイエットや飲酒・禁煙などをして野菜の摂取量が不足している人は注意が必要です。

健康の源は野菜を中心にした食生活なのですから、好き嫌いせずに肉も魚も野菜も食べる習慣を心がけるようにして下さいね。

また、妊娠中である女性は、沢山の葉酸を必要とするらしく、普段から多くの野菜をを取る習慣が必要になるかと思いますよ。