ビタミン不足を補い貧血を防ぐ

貧血について詳しく知らない人もいますので、説明しますね。

まず、2つの貧血を説明すると、1つは悪性貧血、2つ目がビタミンB12の欠乏による貧血です。

例えば、何かしらの病気により、胃を切除してしまった人などは、ビタミンB12の吸収の手助けをする内因子という栄養が欠乏して、結果的にビタミンB12不足に陥り、貧血の症状がア現れます。

先ほど登場した悪性貧血の症状も、内因子の不足によるビタミンB12不足でありますが、症状が出る理由に関していえば確かに同じです。

ただ、症状の理由のまたさらに起きる理由が違う事で区別されていますよ。

ビタミンB12というのは、肝臓に蓄えられており、私達の健康の安定を図ってくれています。

貧血の症状が通常出ないのは、ビタミンB12が体の中に貯蔵されており、安定を図っているからなんですね。

しかし、先ほどの例のように、胃を切除する手術をした際には、蓄えが十分でなくなるために、13年も持つといわれているビタミンB12が、5年も持たない事もあるのだそうです。

貧血の症状が出てないのだとしても、胃の切除手術の経験がある人は、定期的に医師による検査を施す必要がありますね。

また、ビタミンB12意外でも血液に関係した大切な栄養素に葉酸があります。

葉酸もビタミンB12と同様に外部から食材による摂取が必要になりますが、ビタミンB12と異なるのは貯蔵される量が違う事でしょう。

ビタミンB12では13年ほども持つ貯蔵が葉酸では4ヶ月ほどで不足してしまいjます。

普段、葉酸を意識した食事をしないのは、多くの野菜に含まれているからなのですが、ダイエットや飲酒・禁煙などをして野菜の摂取量が不足している人は注意が必要です。

健康の源は野菜を中心にした食生活なのですから、好き嫌いせずに肉も魚も野菜も食べる習慣を心がけるようにして下さいね。

また、妊娠中である女性は、沢山の葉酸を必要とするらしく、普段から多くの野菜をを取る習慣が必要になるかと思いますよ。

中咽頭がんの基礎事項

人間の喉の中には咽頭と喉頭があります。

そしてこの中で咽頭と言うのは鼻の奥から食道の範囲になり、それは空気や食物の通路となり、また咽頭や中咽頭、また下咽頭に分類されます。

この中咽頭と言うのは口の中を見た時にその奥にある物で、次の4つに分類されます。

それは空気や食物の通路になっています。

そして食物を取り入れる為の嚥下、また言葉を発する構音などの大切な役割を担っています。

1)軟口蓋について口を開けた時に見える口蓋垂と言うものです。

またその中の突起した箇所と、その上顎にある部位を「軟口蓋」と呼びます。

そして上顎にあるとても固い箇所は「硬口蓋」と言われ、これは中咽頭以外の口腔の範疇になってきます。

この軟口蓋と言うのは、口や鼻の開閉の役割を担っています。

またこの軟口蓋が消えたり、その動きが上手く行かなくなってくれば、食物が鼻に流れて行く事もあります。

そして人と会話をする時にその息が鼻に行って言葉が聞きにくくなってくる事もあります。

この症状を開鼻声と言っています。

この軟口蓋はとても大切な役割を担っているのです。

2)扁桃についてこれは口の奥の中咽頭の一部になってきます。

扁桃と言うのは、幼い時に外界より入ってくる細菌等に対しての免疫防止器官の役割を担っていますが、成人になるとそれは空気の通路や、食物の通路だけの役割になってきのます。

けれどもそれはリンパ組織が多いので、悪性のリンパ腫が出てくる事もあります。

3)後壁についてこれは口の奥にある中咽頭の「後壁」と言われています。

この後壁と言うのは咽頭や頸椎の間を遮ったり、また空気や食物の通路としての役目を果たしています。

4)舌根についてこれは舌のつけ根部分の中咽頭に位置しています。

また口の中で見える舌の前方にある箇所はよく動く事もあり、「舌可動部や口部舌」と言われる事もあります。

これは口腔の一部になってきます。

この舌根と言うのはとても大切な役割を担っています。

例えば食物をのみ込んだ時にこの舌根によって食物を食道へと運ぶ事になります。

また同時に誤嚥防止の為に、この舌根が気道を遮断する事になります。

そしてそれが上手く作動しないと誤嚥が発症して食事の補給が困難になってくるのです。

ネットで薬を購入する際の注意

2013年4月15日の段階で第1類を含めた全種類、一般用医薬品がインターネット販売されるようになりました。

私達の薬に関わる生活もこんな感じで非常に便利になったのです。

しかし、インターネットの薬販売は賛否両論です。

反対意見もあるようですね。

厚生労働省でも引き続き現在の様子を見守っている感じでしょうか。

まだ完結ということではなくて、協議は引き続いていると言った感じです。

実際には、この先インターネットで販売される薬は線が引かれるかもしれません。

実際に現状のインターネットでの薬販売に関して、注意しなければならない点はなんなのでしょうか。

インターネットで、用心していただきたい問題は、まとめ買いです。

まとめ買いをすることによって転売を疑われてしまう可能性があるようです。

更に、インターネットでいくら薬を自由に購入出来ると言っても、大量に薬を購入すれば、大量に薬を摂取するリスクも高まってしまう問題です。

ある程度みなさんだって、簡単に薬が購入出来ると言っても薬との一定距離を保つべきなのではないでしょうか。まず、薬は一箱ずつ購入するべきです。

そして、インターネットで薬を購入するということは薬に対して相談する人を持つことは出来ません。

小さなお子様に服用する場合や、妊娠中の服用の場合、みなさんは果たして薬に対して正しい知識で臨んでいるでしょうか・・・。

更に薬とは、副作用もあるものです。

インターネットで購入した場合、副作用の問題も意識が段々とみなさん薄くなってしまうようです。

副作用のことをしっかり理解して、異常が出た場合には即薬の使用を中止して、医師の診察を受けるようにしてください。