中咽頭がんの基礎事項

人間の喉の中には咽頭と喉頭があります。

そしてこの中で咽頭と言うのは鼻の奥から食道の範囲になり、それは空気や食物の通路となり、また咽頭や中咽頭、また下咽頭に分類されます。

この中咽頭と言うのは口の中を見た時にその奥にある物で、次の4つに分類されます。

それは空気や食物の通路になっています。

そして食物を取り入れる為の嚥下、また言葉を発する構音などの大切な役割を担っています。

1)軟口蓋について口を開けた時に見える口蓋垂と言うものです。

またその中の突起した箇所と、その上顎にある部位を「軟口蓋」と呼びます。

そして上顎にあるとても固い箇所は「硬口蓋」と言われ、これは中咽頭以外の口腔の範疇になってきます。

この軟口蓋と言うのは、口や鼻の開閉の役割を担っています。

またこの軟口蓋が消えたり、その動きが上手く行かなくなってくれば、食物が鼻に流れて行く事もあります。

そして人と会話をする時にその息が鼻に行って言葉が聞きにくくなってくる事もあります。

この症状を開鼻声と言っています。

この軟口蓋はとても大切な役割を担っているのです。

2)扁桃についてこれは口の奥の中咽頭の一部になってきます。

扁桃と言うのは、幼い時に外界より入ってくる細菌等に対しての免疫防止器官の役割を担っていますが、成人になるとそれは空気の通路や、食物の通路だけの役割になってきのます。

けれどもそれはリンパ組織が多いので、悪性のリンパ腫が出てくる事もあります。

3)後壁についてこれは口の奥にある中咽頭の「後壁」と言われています。

この後壁と言うのは咽頭や頸椎の間を遮ったり、また空気や食物の通路としての役目を果たしています。

4)舌根についてこれは舌のつけ根部分の中咽頭に位置しています。

また口の中で見える舌の前方にある箇所はよく動く事もあり、「舌可動部や口部舌」と言われる事もあります。

これは口腔の一部になってきます。

この舌根と言うのはとても大切な役割を担っています。

例えば食物をのみ込んだ時にこの舌根によって食物を食道へと運ぶ事になります。

また同時に誤嚥防止の為に、この舌根が気道を遮断する事になります。

そしてそれが上手く作動しないと誤嚥が発症して食事の補給が困難になってくるのです。